【当サイト限定】入金不要ボーナスキャンペーン!!

>>詳細はこちら<<

UEFAチャンピオンズリーグ グループF バルセロナvsインテル

 

UEFAチャンピオンズリーグ・グループF、バルセロナ(スペイン)vsインテル(イタリア)の一戦が、現地時間2019年10月2日にスペイン・バルセロナにあるカンプ・ノウにて開催されます。

 

グループFにはバルセロナ、インテルの他にドルトムント(ドイツ)、スラヴィア・プラハ(チェコ)が同居している「死のグループ」であり、第1節を終えた時点ではドルトムントがリードしています。バルセロナとインテルは過去20年で10回対戦しており、バルセロナの6勝1敗3分けと圧倒しています。

 

それでは、この対戦での勝利予想オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:ウィリアムヒル

 

 

オッズを見てみると、バルセロナの勝利が1.57、インテルの勝利が5.50、引き分けが4.20となっています。

 

バルセロナは、リーガ・エスパニョーラでの開幕7試合を4勝2敗1分けとしており、5位につけています。今季は開幕戦の敗戦を引きずっている印象があり、いつもの勝負強さが影を潜めています。それでもFWルイス・スアレスや新加入のFWアントワーヌ・グリーズマンを中心とした圧倒的な攻撃力は健在ですが、負傷のため未だ出場2試合に留まっているFWリオネル・メッシの復活が望まれます。また守備面ではDFジェラール・ピケの相棒役が定まっておらず、新加入DFクレマン・ラングレに期待がかかります。

 

対するインテルは、セリエA6連勝で首位を独走しており、6試合でわずか2失点という鉄壁の守備力を誇っています。特に今季はDFディエゴ・ゴディンの加入が大きく、DFステファン・デ・フライらと組む最終ラインは、まさに鉄壁といえます。攻撃面でも新加入FWロメル・ルカクだけでなく、背番号10を背負ったアルゼンチンの新鋭FWラウタロ・マルティネスが今季大ブレークを果たしそうな動きを見せています。攻守共にタレントの揃った今季のインテルは、相手がバルセロナとはいえ、そうそう崩れるとは思えません。

 

この試合はドローと予想するのが妥当でしょう。


【当サイト限定】入金不要ボーナスキャンペーン!!

>>詳細はこちら<<