ウィリアムヒルの登録方法から入出金まで日本語で詳しく解説しています

【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

BNLイタリア国際(ローママスターズ)2017

 

 

いよいよ全仏オープンが近づいて来ました。マドリードが終わり次のBNLイタリア国際(クレーコート、ローマ、イタリア)が始まります。前回のATP1000大会のマドリード・オープンでは、アンディ・マレー(イギリス)は、残念ながらボルナ・チョリッチ(クロアチア)に敗れてしまいました。ノバク・ジョコビッチ(セルビア)もラファエル・ナダル(スペイン)に敗れました。マレーは、太ももを痛めているような気がしましたがどうなのでしょうか。また、我らが錦織圭はマドリード・オープンではジョコビッチ戦を前に、手首の調子が良くなく、棄権してしまいましたが、どうなったのでしょうか、気になるところです。今回のBNLイタリア国際では、ロジャー・フェデラー(スイス)やジョーウィルフライ・ツォンガ(フランス)やガエル・モンフィス(フランス)が欠場します。しかし、本命のナダルとジョコビッチとマレーとスタン・ワウリンカ(スイス)も出場するのでたいへん興味深い大会になるでしょう。(日程:5月14日〜5月21日、現地時間)。

 

 

 

ベスト16に出てくる可能性が高いのは、誰でしょうか?このドロー表を見ながら、考えて見ましょう。

 

 

1番目のグループでは、第1シードのマレーが順当でしょう。ここには、ファビオ・フォニーニ(イタリア)がいますが、順当に行けば第1シードのマレーでしょう。マレーは不調と言っていますが、おそらく怪我でしょう。

 

2番目のグループでは、第16シードのアレキサンダー・ズベレフ(ドイツ)の可能性が高いです。A・ズベレフはすでに、トップ10の実力を持っていると言って良いでしょう。
3番目のグループでは、第12シードのトマス・ベルディヒ(チェコ)がいます。ここには、ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)がいますが、マルコス・バグダティス(キプロス)の方が怖い存在です。とりこぼしが無ければ、ベルディヒでしょう。

 

4番目のグループでは、第5シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)でしょう。ここには、イボ・カルロビッチ(クロアチア)やトミー・ハース(ドイツ)がいますが、やはりラオニッチでしょう。

 

 

5番目のグループでは第3シードのワウリンカが上がってきます。ここには、ブノワ・ペール(フランス)がいます。前回のマドリード・オープンでは、ワウリンカはペールに負けています。今回は、心してやるでしょう。実力的には、ワウリンカの方がずっと上です。

 

6番目のグループは、第14シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)がいます。ここには、フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)やジョン・イズナー(アメリカ)がいます。クレーコートということを考えれば、ラモス ビノラスの可能性が高いです。

 

7番目のグループでは、第9シードのダビド・ゴファン(ベルギー)で決まりです。ここには、フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)がいますが、実力的にはゴファンがかなり上になっています。

 

8番目のグループでは、第6シードのマリン・チリッチ(クロアチア)で決まりです。

 

 

9番目のグループでは、第8シードのドミニク・ティエム(オーストリア)でしょう。ここには、パブロ・クエバス(ウルグアイ)もいて、クレーコートでは実力者ですが、ティエムには勝てないような気がします。

 

10番目のグループでは、第11シードのルカ・プイユ(フランス)が上がってきます。ここには、バーナード・トミック(オーストラリア)がいますが、実力的にはプイユがかなり上です。

 

11番目のグループでは、第13シードのジャック・ソック(アメリカ)が上がってくるでしょう。

 

12番目のグループでは、第4シードのナダルで決まりです。

 

 

13番目のグループでは、錦織圭が、手首の怪我が治っていれば、錦織圭が上がってくるでしょう。ここには実力者、ダビド・フェレール(スペイン)がいます。前回のマドリード・オープンでも錦織とフェレールは戦っていますが、その時の印象では二人の実力は昔と違いずいぶん差がついた感じがします。錦織の攻めが多彩になった分、なかなかフェレールに付け入る隙がなくなったような気がします。

 

14番目のグループでは、第10シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)とフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)とジョアン・ソウザ(ポルトガル)がいます。デル ポトロの怪我の具合がわからないのですが、治っていればデル ポトロでしょう。

 

15番目のグループでは、第15シードのクレーの得意なパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)がいます。しかし、ここには、ジル・シモン(フランス)、ニック・キリオス(オーストラリア)、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)がいて、かなり混戦です。怪我が治っていれば、キリオスの可能性が高く、そうでなければカレーニョ ブスタかバウティスタ アグートでしょう。ここでは、キリオスを推します。

 

16番目のグループでは、第2シードのジョコビッチでしょう。マドリード・オープンで久々にジョコビッチの雄姿が見られましたが、調子は絶好調には見えませんでした。

 

この16人の選手の中から誰がベスト8に残るでしょうか?

 

第1と第2のグループからのマレーとA・ズベレフでは、マレーの実力がまだかなり上です。故障がなければ、マレーでしょう。

 

第3と第4のグループでは、ベルディヒとラオニッチの争いですが、実力的には、ラオニッチのほうが上です。

 

第5と第6のグループでは、ワウリンカとラモス ビノラスとの戦いになりますが、ラモス ビノラスはクレーコートシーズンになって調子が良いですが、実力的にはワウリンカでしょう。

 

第7と第8のグループでは、ゴファンとチリッチですが、これは難しいです。チリッチは実力者ですが、ゴファンの両サイドに打つボールには正確性があります。ここは、ゴファンとしましょう。

 

 

 

第9と第10のグループでは、ティエムとプイユとの勝負になります。これはティエムの方が実力で勝ります。

 

第11と第12のグループでは、ソックとナダルの争いになります。伸び盛りの、ソックと復活したナダルの試合です。ソックも実力がついて来ましたが、復活したナダルはたいへん強いです。

 

 

第13と第14のグループでは、錦織とデル ポトロの戦いは、予測は難しいです。どちらにも手首に故障があります。これの治り具合によってどちらが勝つか決まります。錦織をあげておきたいと思います。

 

第15と第16のグループでは、キリオスとジョコビッチで競います。ジョコビッチの実力がまだかなり上です。

 

この8人の中から準決勝に進めるのは誰でしょうか。詳しく見てみましょう。

 

はじめはマレーとラオニッチの争いになります。よほどのことがない限り、マレーでしょう。

 

次は、ワウリンカとゴファンの戦いです。これは、実力的にはワウリンカの方が上です。最終的にはワウリンカが勝つでしょう。

 

その次は、ティエムとナダルの戦いです。復活したナダルが実力的には現在も上だと思われます。

 

最後は、錦織とジョコビッチの争いになります。ジョコビッチは、ここのところ調子が良くありません。しかし、錦織も故障があり、たぶんジョコビッチが勝つでしょう。

 

 

準決勝は、マレーとワウリンカ、ナダルとジョコビッチということになるでしょう。マレーとワウリンカでは、やはりマレーということになりそうです。ただこのところマレーは不調です。そこが心配です。ナダルとジョコビッチは、すごい試合になりそうです。前回のマドリード・オープンでは、ジョコビッチは、復活したナダルにストレートで負けました。ただし、内容的にはナダルが圧勝という様子ではありませんでした。それでも、ナダルのパワーがジョコビッチを再び破る可能性が高いです。

 

決勝は、マレーとナダルの一騎打ちになるでしょう。この試合をぜひ見てみたいと思います。クレーコートですし、復活したナダルは、かつての強さを発揮して来ています。今回は、全仏オープンの前哨戦で、マレーは手の内をさらしたくないのではないかと思えてなりません。総合的に考えて、ナダルがマレーに勝ち優勝するでしょう。


【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

関連ページ

ATPマスターズ1000「マドリードオープン」男子シングルス
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
全仏オープン2015
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
全豪オープン2016
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
全豪オープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
リオオープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
マイアミオープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
全仏オープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
マドリード・マスターズ2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
全米オープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
2017クープ・ロジャーズ
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
シンシナチオープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
チャイナオープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
ドイツオープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
マドリードオープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
ATPワールドツアーファイナルズ2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
デビスカップ決勝2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
全豪オープン2018
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
RBCテニス・チャンピオンシップス・オブ・ダラス2018決勝「錦織圭vsマッケンジー・マクドナルド」
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。