【当サイト限定】10,000円無料+フリースピン付きキャンペーン!!

>>詳細はこちら<<

ワールドボクシング・スーパーシリーズ準決勝 井上尚弥vsエマヌエル・ロドリゲス

 

ワールドボクシング・スーパーシリーズ、バンタム級準決勝、井上尚弥(大橋ジム)vsエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)の一戦が、現地時間2019年5月18にイギリス・グラスゴーにあるジ・SSEハイドロにて開催されます。

 

第2シーズンを迎えたこの大会は、一時は資金難等により開催が危ぶまれていましたが、無事に準決勝以降も行われる事になりました。この試合は「事実上の決勝戦」と評する専門家も多く、ハイレベルでの試合が期待されるところです。勝者は、決勝でノニト・ドネア(フィリピン)と対戦する事になります。

 

それでは、この対戦での勝利予想オッズを、ブックメーカーから見てみましょう。

 

ブックメーカー:ウィリアムヒル

 

オッズを見てみると、井上尚弥の勝利が1.12、エマヌエル・ロドリゲスの勝利が5.50、引き分けが26.00と、井上尚弥の勝利を強く推している事が分かります。

 

井上尚弥は神奈川県座間市出身の26歳。プロデビューから僅か6戦で世界チャンピオンに輝き、これまで17戦全勝(15KO)という輝かしい実績を誇っています。世界中でもバンタム級における最強の選手との呼び声が高く、この大会での優勝は当たり前とまで言い切る評論家もいるほどです。通称「モンスター」ですが、大橋ジムの大橋秀行会長が名付け親であり、端正なルックスとは程遠い愛称は定着しそうにありません。決勝トーナメント1回戦では、ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ)を1R1分10秒でKO勝ちしています。

 

対戦相手のエマヌエル・ロドリゲスは、通称「エル・マタドール(闘牛士)」と呼ばれているプエルトリコ出身の26歳。井上と同い年であり、これまでプロ19戦全勝(12KO)と、戦績でも非常に似ています。井上の圧倒的有利と言われている中でも、過去無敗を誇る中米のファイターに不気味さを感じずにはいられません。決勝トーナメント1回戦では、ジェイソン・モロニー(オーストラリア)を判定で下しています。

 

この試合はエマヌエル・ロドリゲスの攻勢に苦しみながらも、判定での井上尚弥の勝利と予想します。


【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<