【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

ブンデスリーガ第4節「ホッフェンハイムvsドルトムント」

 

ブンデスリーガ第4節「ホッフェンハイムvsドルトムント」が9月22日にホッフェンハイムのホームスタジアムであるライン・ネッカー・アレーナで行われます。

 

現在11位と不本意なシーズン序盤を迎えているホッフェンハイムと香川真司が所属する2位のドルトムントが対戦します。

 

昨シーズンの順位がホッフェンハイムは3位でドルトムントが4位ですから実力拮抗の両チームだけに今回は接戦が予想されます。

 

そしてドルトムントの香川真司選手はリーグ戦でのベンチ外が続いている厳しい状態ですけど、リーグ戦の合間に行われたチャンピオンズリーグのクラブ・ブルージュ戦で、今季の公式戦の初出場を飾り、上々の動きを見せていました。

 

今回の試合でリーグ戦の初出場なるのか?香川選手の動向にも注目が集まる一戦となりそうです。

 

ではホッフェンハイムvsドルトムントの勝敗オッズをブックメーカーから見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

ホッフェンハイム勝利 2.70倍、引き分け 3.60倍、ドルトムント勝利 2.45倍、

 

ブックメーカー1xbet

ホッフェンハイム勝利 2.745倍、引き分け 3.78倍、ドルトムント勝利 2.60倍、

 

ブックメーカー10bet

ホッフェンハイム勝利 2.70倍、引き分け 3.60倍、ドルトムント勝利 2.45倍、

 

現在のオッズを見るとアウェイのドルトムントが僅差でホッフェンハイムを上回っています。

 

両チームともにドイツを代表するクラブチームだけに実力差はありませんけども、現在の順位から見るチーム状態を考えればアウェイでもドルトムントが優勢と見るのが妥当です。

 

ホッフェンハイムの今シーズンの成績を振り返ってみると、開幕戦のバイエルンとのアウェイ戦で1−3と敗れ、続く2戦目はフライブルクとのホーム試合で3−1と勝利。

 

3戦目アウェイのフォルトナ・デュッセルドルフ戦で1−2で敗れ、現在1勝2敗とホッフェンハイムとすれば物足りない戦績となっています。

 

ただ悪いなりにもホーム試合に関しては現在6連勝中とホーム戦での強さを発揮しているので、たとえドルトムントでも苦戦は必至だと考えます。

 

ドルトムントはリーグ2戦目アウェイのハノーファー戦で苦戦していましたから、ハノーファーよりも明らかに格上であるホッフェンハイムが相手となると負ける可能性もあるかもしれません。

 

よって今回はホッフェンハイムのホーム戦での異常な強さを買ってホッフェンハイム勝利を予想と致します。


【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<