【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

ブンデスリーガ第31節「ドルトムントvsレヴァークーゼン」

 

 

ブンデスリーガ第31節「ドルトムントvsレヴァークーゼン」が4月22日にドルトムントの本拠地シグナル・イドゥナ・パークにて開催されます。

 

ブンデスリーガは優勝こそバイエルン・ミュンヘンで決まりましたが、2位シャルケから7位フランクフルトまでの勝ち点差は僅か9と来季チャンピオンズリーグの出場権4位以内を巡る争いは熾烈を極めています。

 

この試合はリーグ4位のドルトムントと3位のレヴァークーゼンによる来季チャンピオンズリーグの出場権を争うライバル同士の直接対決の試合です。

 

両チームは勝ち点51で並んでいる状態ですから、この試合に勝利し勝ち点3を積み上げてチャンピオンズリーグ出場権争いから一歩抜け出したいところです。

 

過去のデータによればレヴァークーゼンはアウェイのドルトムント戦を非常に苦手としているようなので、ドルトムントが有利であることは間違いないです。

 

ではこの試合の勝敗オッズをブックメーカーから見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

ドルトムント勝利 2.30倍、引き分け 3.60倍、レヴァークーゼン勝利 2.87倍、

 

ブックメーカーbwin

ドルトムント勝利 2.30倍、引き分け 3.50倍、レヴァークーゼン勝利 3.00倍、

 

ブックメーカー21bet

ドルトムント勝利 2.26倍、引き分け 3.47倍、レヴァークーゼン勝利 3.03倍、

 

現在のオッズを見ると予想通りホームのドルトムントが優勢となっています。

 

両チームの順位を比べても戦力的な差はありませんし、ホームアドバンテージの分だけドルトムントが人気していると思われます。

 

直近の成績を比べてもドルトムントは5戦して3勝2敗とまずまずの戦績となっていますが、今回と同じホーム戦に限れば3連勝中とホームでは結果を出しています。

 

一方のレヴァークーゼンは3勝1敗1引き分けとドルトムントと同様にまずまずの戦績を収めていますし、現在2連勝中とチーム状態は上々です。

 

しかも2戦とも4得点しており攻撃陣の好調さが目立つ試合内容でした。

 

ドルトムントは前節シャルケとのレヴィアダービーを落していますし、痛いことにエースのバチュアイが今季絶望となるケガを負ってしまいましたから、今回の試合でドルトムントの攻撃力低下は否めません。

 

バチュアイの他に決定力の高いFWを要していないドルトムントだけに心配な点ですけど、ホーム3連勝中の勢いを買って今回はドルトムント勝利を予想と致します。


【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<