ウィリアムヒルの登録方法から入出金まで日本語で詳しく解説しています

【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

マイアミ・オープン2017優勝展望

NPパリバ・オープンが終わったばかりなのに、同じATP1000大会のマイアミ・オープン テニス トーナメント(ハードコート、USA、フロリダ州、マイアミ)が始まります。

 

BNPパリバ・オープンでは、錦織圭は、準決勝をかけたジャック・ソック(アメリカ)との試合で残念ながら敗れてしまいました。

 

ソックは、それまでにグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)を破っており調子にのっていました。

 

錦織の調子もけっして悪くはなかったのですが、それ以上にソックの調子が良かったです。

 

ソックは24歳で早熟というプレーヤーではありませんが、比較的デビューが遅く、そのうち10位以内に入ってくる逸材だとは思われていました。

 

サーブ、フォアハンド、バックハンド、ボレー、足の速さなどどれをとっても素晴らしいものがあります。

 

今後、錦織の強敵になるでしょう。ひとつ気になったのは、試合中に錦織が痛みのために肘を抱えたことです。大事に至らなければ良いですが、、、。

 

今回のマイアミ・オープンは、錦織の地元といってもいい、フロリダのハードコートなので優勝の期待が膨らみます(日程:3月22日〜4月2日、現地時間)。

 

ATPからドロー表やシード選手が公開されました。同時に、各ブックメーカーから、オッズが示されています。また、優勝者のオッズもウィリアムヒルから発表されています。

 

【男子シングルスドロー表】
http://www.atpworldtour.com/en/scores/current/miami/403/draws

 

【シード選手】
http://www.atpworldtour.com/en/scores/current/miami/403/top-seeds

 

【優勝オッズ】

 

 

このドロー表を見て驚くのは、アンディ・マレー(イギリス)とノバク・ジョコビッチ(セルビア)の2人がそろって出場しないことです。したがって、第1シードがスタン・ワウリンカ(スイス)で第2シードが錦織圭となりました。ロジャー・フェデラー(スイス)が第4シードに、ラファエル・ナダル(スペイン)が第5シードになっています。BNPパリバ・オープンを欠場したミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は、第3シードで出場しています。 

 

ベスト16に出てくる可能性が高いのは、誰でしょうか?

 

初めのグループでは、第1シードのワウリンカか第31シードのフェリシアーノ・ロペス(スペイン)が順当ですが、ここにはアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)がいます。彼はかなりの実力者で、今年は調子も良さそうです。それでも実力からして、ワウリンカが出てくるでしょう。

 

次のグループでは、第16シードのアレキサンダー・ズベレフ(ドイツ)と第18シードのジョン・イズナー(アメリカ)の可能性が高いです。伸び盛りのA・ズベレフが出てくると思われます。

 

次のグループでは、第12シードのニック・キリオス(オーストラリア)と第17シードのイボ・カルロビッチ(クロアチア)が勝ち進むでしょうが、キリオスの力が抜きん出ています。

 

4番目のグループでは、第8シードのダビド・ゴファン(ベルギー)と第27シードのダビド・フェレール(スペイン)のシード選手の可能性が高いでしょう。今ではゴファンの実力が上で、ここではゴファンが出てくるでしょう。

 

5番目のグループでは第4シードのロジャー・フェデラー(スイス)と第29シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が順当な線ですが、この2人の試合は楽しみです。デル ポトロは、バックショットが良くなったフェデラーには勝てないでしょう。ここでは、フェデラーが出て来ます。

 

6番目のグループは、第14シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)と第22シードのサム・クエリー(アメリカ)ですが、伏兵のバーナード・トミック(オーストラリア)がいます。ここでは、最終的にはバウティスタ アグートが出てくる可能性が高いです。

 

 

7番目のグループでは、第10シードのトマス・ベルディヒ(チェコ)と第24シードのジル・ミュラー(ルクセンブルク)が上がってくる可能性が高いです。ここは普通にいけばベルディヒで決まりです。

 

8番目のグループでは、第6シードのドミニク・ティエム(オーストリア)と第32シードのパオロ・ロレンツィ(イタリア)が上がってくるでしょうが、実力的にはティエムがかなり上です。

 

9番目のグループでは、第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第26シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)が上がってくるでしょうが、ナダルで決まりです。

 

10番目のグループでは、第9シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と第23シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)が順当なところでしょう。ここでは、ディミトロフが上がってくるでしょう。彼は、今年は調子が良いと思います。

 

11番目のグループでは、第13シードのジャック・ソック(アメリカ)と第19シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)が順当なところでしょう。ここでは、ソックが上がってくるでしょう。ソックは、本当に強くなりました。

 

 

12番目のグループでは、第3シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と第28シードのミーシャ・ズベレフ(ドイツ)が順当ですがですが、ここにはカイル・エドマンド(イギリス)がいます。彼は現在、45位くらいですが、22歳で若く、伸び盛りです。M・ズベレフを破って出てくる可能性はあります。それでも、ここはラオニッチで決まりでしょう。

 

13番目のグループでは、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と第30シードのジョアン・ソウザ(ポルトガル)ですが、これはチリッチでしょう。ここには、ジェレミー・シャルディ(フランス)やファビオ・フォニーニ(イタリア)がいます。普通なら、チリッチはシャルディに勝つでしょうが、ソウザとフォニーニは実力が伯仲しています。取りこぼしがなければ、実力的にはチリッチが出て来ます。

 

14番目のグループでは、第11シードのルカ・プイユ(フランス)と第21シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)ですが、やはりプイユでしょう。

 

15番目のグループでは、第15シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)と第20シードのジル・シモン(フランス)ですが、これは現時点ではカレーニョ ブスタでしょう。

 

16番目のグループでは、第2シードの錦織圭と第25シードのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)ですが、これは錦織でしょう。肘の故障がどのくらいかが心配ですが、、、。

 

 

この16人の選手の中から誰がベスト8に残るでしょうか?

 

第1と第2のグループからのワウリンカと伸び盛りのA・ズベレフでは、ワウリンカの実力がかなり上です。ワウリンカの集中力が続けば、ワウリンカでしょう。

 

次のグループでは、ゴファンとキリオスの争いですが、これは予想が難しいです。順位的には、ゴファンで決まりですが、キリオスの成長も著しいものがあります。キリオスを推します。

 

次のグループでは、フェデラーとバウティスタ アグートとの戦いになりますが、これは実力的にもフェデラーです。

 

次のグループでは、ティエムとベルディヒですが、これはティエムの方が上です。

 

 

次のナダルとディミトロフとの勝負は、現在の調子から言えば、ナダルの方を押したい。

 

次が ラオニッチとソックの争いになります。ラオニッチの怪我が、完全に治っていることを前提とすれば、ラオニッチで決まりです。

 

次のチリッチとプイユの戦いは、予想は難しいです。実力的にはチリッチの方が上なのですが、チリッチの場合は波が大きく、プイユは比較的安定しています。プイユに期待します。

 

最後の枠は、錦織とカレーニョ ブスタで競います。肘の故障がなければ、錦織で決まりでう。

 

この8人の中から準決勝に進めるのは誰でしょうか。詳しく見てみましょう。

 

はじめはワウリンカとキリオスの争いになります。集中力が続けば、ワウリンカでしょう。

 

次は、フェデラーとティエムの戦いです。これは、実力的にはフェデラーの方がかなり上です。フェデラーで決まりです。

 

その次は、ラオニッチとナダルの戦いです。ナダルが実力的には現在も上だと思われます。

 

最後は、錦織とプイユの争いになります。順位に差がありますが、プイユは、たいへん危険な選手です。実力が出せれば、錦織が勝つでしょう。

 

 

準決勝は、ワウリンカとフェデラー、錦織とナダルということになるでしょう。ワウリンカとフェデラーでは、やはりフェデラーということになりそうです。錦織とナダルは、すごい試合になりそうです。最終的には、錦織のスピードがナダルを破ると思われます。

 

決勝は、フェデラーと錦織の一騎打ちになるでしょう。錦織はバックショットの強化されたフェデラーに今年の全豪でフルセット戦っています。強いフェデラーを嫌という程良く知っています。これに対する対抗策があれば、フェデラーを破ることは可能だと思いますが、現時点でそれができるとは考えにくいです。

 

どのような大会になるでしょうか。

【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

関連ページ

ATPマスターズ1000「マドリードオープン」男子シングルス
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
全仏オープン2015
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
全豪オープン2016
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
全豪オープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
リオオープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
全仏オープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
マドリード・マスターズ2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
全米オープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
2017クープ・ロジャーズ
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
シンシナチオープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
チャイナオープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
ドイツオープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
マドリードオープン2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
ATPワールドツアーファイナルズ2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
デビスカップ決勝2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
BNLイタリア国際(ローママスターズ)2017
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
全豪オープン2018
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
RBCテニス・チャンピオンシップス・オブ・ダラス2018決勝「錦織圭vsマッケンジー・マクドナルド」
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
モンテカルロ・マスターズ2018準決勝「アレクサンダー・ズベレフvs錦織圭」
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。