【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

F1第13戦ベルギーGP2018

 

F1第13戦ベルギーGPが8月26日に伝統のスパ・フランコルシャンにて行われます。

 

決勝に先駆けて行われた予選結果を見ると、下馬評通りポール・ポジションを獲得したのが、メルセデスのルイスハミルトンで2位にフェラーリのセバスチャン・ベッテルとお決まりの並びになっています。

 

サプライズとして3位と4位にチーム破たん、買収でお騒がせのフォース・インディアの2台が入りましたが、特にセルジオ・ペレスにはアゼルバイジャンGP3位に続く表彰台入りが期待されます。

 

予選結果通り本戦でもハミルトンとベッテルの一騎討ちが濃厚と言えるベルギーGPですが、果たしてどちらがレースを制するのか?

 

または他のドライバーの台頭があるのか?優勝者予想に移る前にまずはブックメーカーにてオッズから見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

ルイス・ハミルトン 1.91倍、セバスチャン・ベッテル 2.37倍、キミ・ライコネン 10.00倍、

 

ブックメーカー1xbet

ルイス・ハミルトン 2.00倍、セバスチャン・ベッテル 2.10倍、キミ・ライコネン 8.50倍、

 

ブックメーカー10bet

ルイス・ハミルトン 2.00倍、セバスチャン・ベッテル 2.00倍、キミ・ライコネン 8.50倍、

 

現在のオッズを見ると1番人気にハミルトン、2番、3番人気にフェラーリのドライバーが続きます。

 

ベルギーGPが行われるスパ・フランコルシャンは1周7,004kmとF1サーキットの中で随一の長さとなっているサーキットです。

 

しかも全開率80%近くを叩き出し平均時速も240kmと超高速サーキットになりますから勝つためには高いエンジンパワーが要求されるコースになります。

 

ハミルトンの所属するメルセデスは、ずば抜けたパワーを持つエンジンを持っているのでベルギーGPでは他のチームよりも優位性が高いと言えます。

 

ハミルトン自身も過去3勝していますし、メルセデス自体が3連覇を達成しているGPですから、ポールポジションを獲得したハミルトンが優勝候補筆頭であることは間違いありません。

 

続いてハミルトンの対抗馬ベッテルは、ベルギーGPをレッドブル時代の2011、2013シーズンに制していますけどフェラーリに移ってからは未勝利となっています。

 

現在のフェラーリは中低速サーキットで力を発揮するマシンなので超高速サーキットのベルギーGPとの相性は良くありません。

 

それでもメルセデスとフェラーリとのエンジンパワーの差は縮まっていると言われていますからベッテルの腕を持ってすれば展開次第でチャンスはあると見ています。

 

3番人気のライコネンはベルギーGP現役最多の過去4勝を誇り、かつてはスパマイスターと評されましたけど、それも過去の事です。

 

近走の結果をみてもライコネンが優勝まで手が届くか?と言われれば疑問視せざる得ません。

 

よって今回のベルギーGPもハミルトンとベッテルの両者どちらかで決まる可能性が高いGPと言えるでしょう。

 

マシンの特性を考えればハミルトンが優勝に一番近い存在であることに違いありません。


【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<