【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

アーリントンミリオンS2017

北米競馬における夏の芝中距離レース最大イベントとなるアーリントンミリオンステークスがアーリントンパーク競馬場にて8月12日に開催となります。

 

日本のアイドルホースのオグリキャップが出走登録したことで日本でも認知されるようになったレースであります。

 

今回の出走馬全12頭の戦績を拝見すると今年のメンバーは超一流馬の参戦はありませんが、上位人気馬はまずまずの実績を持つ馬が参戦していることもあり、馬券的にも妙味が期待できるかもしれません。

 

では、人気になるであろう3頭をご紹介していきましょう。

 

まずは1番人気が予想されるドーヴィルです。

 

アイルランドの名門エイダン・オブライエン厩舎の牡4歳馬です。

 

G1勝ちはベルモントダービーのみですが、G1レースにおいて2.3着の多い馬で、取りこぼしの多い、勝ちきれない馬の印象が強いです。

 

オブライエン厩舎の主戦騎手であるライアン・ムーア騎手を起用していることを考慮すれば、それなりに活躍を期待されている馬なのでしょう。

 

硬い馬場を好む馬らしいので、アメリカの競馬場とは相性も良く、過去2戦して1着、3着の成績だけに今回も人気通り期待して良いのではないでしょうか。

 

次はフランスの牡4歳馬のメクタールです。

 

2走前のイスパーン賞で初G1制覇を成し遂げていますが、初の国外レースとなった前走イギリスのプリンスオブウェールズステークスにて6着と惨敗。

 

心機一転アメリカの地で巻き返しを狙っていますが、アメリカの硬い馬場がフィットするのか期待と不安が半々と言ったところでしょう。

 

この馬が人気する辺り、今年のアーリントンミリオンのレベルが伺い知れますね。

 

次はアメリカの牡4歳馬のビーチパトロールです。

 

G1勝利はセクレタリアトステークスのみですが、この馬もドーヴィル同様に2.3着が多い馬です。

 

勝ち味に遅い馬ですが大崩れが少なく堅実に走る馬なので、3着以内は固いのではないでしょうか。

 

アーリントンミリオンと同じ競馬場、同じ距離のレースであるセクレタリアトステークスを勝っていることも有利に働くでしょうし、何と言っても地元アメリカの馬ですから輸送、環境面を考えれば全てがプラスに働くでしょう。

 

では、アーリントンミリオンのオッズをブックメーカーにて見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

ドーヴィル 3.25倍、メクタール 5.50倍、ビーチパトロール 7.00倍、ディヴィシデロ 7.00倍、カサクウィ 10.00倍、

 

ブックメーカーbet365

ドーヴィル 2.75倍、メクタール 5.00倍、ビーチパトロール 7.50倍、ディヴィシデロ 8.50倍、カサクウィ 11.00倍、

 

ドーヴィルが抜けて人気が高いようですが、人気程強い馬とは思いませんので、波乱も期待できるでしょう。

 

特に3番人気に推されているビーチパトロール、ザピッツァマンは地元アメリカの馬ですし、ザピッツァマンは2015年の勝ち馬で、今年初戦のレースに限り人気を落としているように思えるので実績を考えれば勝ち切ってもおかしくない存在であります。

 

今年のアーリントンミリオンは総じて4歳馬が人気の中心となっていますが、ザピッツァマンの一発にも注意したいですね。

 

 


【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<