【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

ナンソープS2018 気になる出走馬の詳細は?

 

ヨーロッパの夏競馬と言えば2歳戦とスプリンターたちの季節。特にイギリスではこの傾向が顕著で、秋に短距離馬のビッグレースがさほどないだけに、夏場にピークがやってきます。そのイギリスの短距離戦線の中でも屈指のビッグレースであるナンソープSの開催が間もなくに迫ってきました。

 

今年のナンソープSは8月24日(金)の15時40分(日本時間:23時40分)にイギリスのヨーク競馬場の芝コース5ハロン(約1006m)で開催。7月に開催されたジュライC、そして9月のスプリントCへと連なるイギリス短距離戦線の主要レースとして知られています。

 

このレースの最大の特徴となっているのが2歳馬から出走できると言う点。デビュー間もない2歳馬が年長の馬たちと対戦することは日本をはじめほとんどの国では行われていませんが、競馬発祥の地であるイギリスはそんな常識を打ち破っています。

 

夏競馬でデビューするイギリスの2歳馬たちの中にもスピードだけなら古馬にも太刀打ちできるクラスの馬がごろごろいるという仮定の下で行われていますが…現代ではなかなか想像がつきませんが、実はナンソープSが1922年に創設されて以来、そうしたケースは数多く見られています。

 

ナンソープSを2歳で制した馬は53年のハイとリーズンをはじめ5頭いますが、そのうち3頭がG1昇格前のこと。G1になってからはそうした無謀な挑戦をする陣営が減り、優勝したのも32年間でわずか2頭のみにとどまっています。

 

それだけに07年に2歳馬でこのレースを制したキングスゲイトネイティヴの存在はまさに衝撃的。ちなみにこの馬は後にG1タイトルを追加して種牡馬入りしましたが、セン馬として現役復帰して、60戦もするという破天荒な競走成績を残しました。

 

キングスゲイトネイティヴの例はかなり稀ですが、00年以降の勝ち馬にはモーツァルト、オアシスドリーム、ボーダレスコット、メッカズエンジェルなど、当時の欧州最高スプリンターが名を連ねています。今年も歴史溢れるレースに新たな短距離王が加わるかが注目されます。

 

イギリスナンバーワンスプリンターが決まる一戦だけにどんな馬が集まるか気になりますよね? それではブックメーカーで発表されているオッズとともに注目度の高い出走馬を詳しく見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

 

今年のナンソープSは1頭のトップスプリンターに注目が集まっています。その馬の名前はバターシュ。

 

父ダークエンジェルはトップスプリンターとして名を馳せたこともあり、この馬もデビュー当時から短距離戦線に特化したローテを組まれていました。新馬戦を快勝後はなかなか煮え切らないレースが続いていましたが、昨夏に行われたスプリントSで重賞初制覇を飾るととんとん拍子で3連勝。昨年のこのレースで4着にも入っています。これを皮切りに挑んだアベイユドロンシャン賞では見事に逃げ切ってG1初制覇。トップスピードに入ればまず負けないことを見せつけました。

 

今年に入ってからもバターシュの快進撃は止まらず、年明け緒戦でステップレースに選んだテンプルSを快勝。万全の状態で臨んだキングズスタンドSではまさかの2着。ブルーポイントにあと一歩と言うところで差されてしまいました。今回はこの馬とブルーポイントとのマッチレースが想定されている舞台。前走はまさかの2着だっただけに巻き返しを図りたいところです。5ハロンの舞台では自身が最強打と言うことを見せられるかに注目が集まります。

 

バターシュに続く馬はもちろん、ブルーポイントです。

 

父シャマーダルはフランスの2冠馬。それ故にクラシック戦線でも期待されていたと思いますが、2歳時はチャーチルに歯が立たずにあっさりとクラシック路線をあきらめると3歳時から短距離戦にシフト。しかし、ここでもこれと言った成績を上げることはできず、ハリーエンジェルの後塵を拝し続けていました。

 

ところが今年に入ってから大躍進。年明け早々に行われたメイダンスプリントで2着に入って頭角を現すと、ロイヤルアスコット開催期間に行われたキングズスタンドSでは圧倒的な1番人気に支持されていたバターシュを下して見事に1着。見事にG1ホースの仲間入りを果たしました。正直通算成績で見るとまだまだひよっこと言う印象がぬぐえませんが、G1レースを制した点、そしてこのレースに出走している今年の面々が小粒過ぎることもあってか2番人気に推されています。ここも勝って名実ともにイギリスナンバーワンスプリンターの座を手にするかに注目が集まっています。

 

このほかマーブスクロス、ジャディカル、カスピアンプリンスらが人気を形成していますが、いずれも単勝オッズは15倍以上と混沌とした様子。それだけにバターシュとブルーポイントのマッチレースと言う様相を呈しているといえるでしょう。

 

ナンソープSは8月24日(金)の15時40分(日本時間:23時40分)に発走予定。新たな名牝が生まれる一戦だけにぜひ馬券を買ってみたいですね!


【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<