ウィリアムヒルの登録方法から入出金まで日本語で詳しく解説しています

【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

WBC2017 侍ジャパンに待ち受ける最大の壁、オランダ代表の実力とは?

野球の国際大会として06年から開催されているワールドベースボールクラシック。4年に一度の権威ある大会だけに、日本のみならず、世界中の野球ファンからの注目を集める大会と言っても過言ではないでしょう。

 

小久保裕紀監督が采配を振るう侍ジャパンこと日本代表。

 

 

1次ラウンドはキューバ、オーストラリア、そして中国を相手に3戦全勝。過去3回大会に出場していますが、侍ジャパンが1次ラウンドを全勝で勝ち抜けたのはなんと史上初のこと。強化試合で2勝3敗と負け越したチームと同じとは思えないほどの好成績を残しました。

 

WBCは12日から、2次ラウンドがスタート。

 

プールBを1位通過で抜けた侍ジャパンはプールAを勝ち上がってきたイスラエル、オランダ、そしてプールBを2位通過したキューバとの2次ラウンドで対戦。上位2チームに入ることで準決勝へと進出します。

 

優勝奪還を至上命題とされている侍ジャパンにとって、負けられない試合が続きますが、その中で3月12日(日)はプールA2位通過のオランダ代表との一戦を19時から東京ドームで行います。

 

それでは早速、ブックメーカー「ウィリアムヒル」が発表したオッズとともに両チームの戦力を詳しく見ていきましょう。

 

 

 

巷では侍ジャパンの苦戦必至と称されるこの一戦。

 

オッズが拮抗しているのがよくわかります。

 

それだけ苦戦を強いられそうな一戦というのがよくわかります。

 

野球大国のイメージが薄いオランダですが、実は近年力を入れているスポーツの一つ。侍ジャパンは昨年の11月にオランダ代表と強化試合を行っていますが、その時のスコアは8-9と10-12と接戦。しかも9回を終えた時点では両試合とも同点という状態。

 

オランダ代表の地力の高さがうかがえます。

 

この両試合に出場していたメジャーリーガーはプロファーのみでしたが、本大会ではさらにメジャーリーグの各チームでレギュラーを張る選手が4人も参加します。中でも、最も注意しなければならない存在と言えるのがディーディー・グレコリアスとザンダー・ボカーツ。

 

グレコリアスはニューヨーク・ヤンキース、ボカーツはボストン・レッドソックスとともにライバルチームでショートを守っている真のライバルといえる存在ですが、今回は国の威信をかけて同じユニフォームを着ての参戦。打撃面ではグレコリアスが一歩リードしているという状態ですが、ボカーツのバットがいつ火を噴いてもおかしくはありません。

 

さらに、前述したプロファーもダルビッシュ有が所属するテキサス・レンジャースでレギュラーを張るスタープレーヤー。大会中も重要な場面での活躍が目立ち、チャンスにめっぽう強いというのも心強いポイント。日本代表の投手陣が打ち込まれる不安は十分にあります。

 

さらに日本野球を熟知しているといえるのが、東京ヤクルトスワローズ所属のウラディミール・バレンティン。前回WBCが開催された13年にシーズン最多本塁打記録となる60本塁打をかっ飛ばしたのは記憶に新しいところ。今季で日本7年目ということもあり、投手陣の癖は完全に知り尽くしているといえるでしょう。スラッガー揃いのオランダ代表打線は過去最強という触れ込みもあります。

 

そんなオランダ代表の打線を相手に対戦するのが、先発予定の石川歩。

 

 

キューバ代表戦では圧倒的なピッチングを見せて流れを作り、侍ジャパンの快進撃の先鞭をつけました。大舞台でも物おじしない投球に、シンカーを主軸にした打たせて取るピッチングで今回も好投を期したいところ。唯一の不安は中4日という登板間隔。後続に投げる投手陣がカギを握ります。

 

打線ばかりが怖いと称されているオランダ代表ですが、投手陣も脅威。侍ジャパンとの一戦は確勝を期すために、リック・バンデンハークが先発予定。過去2シーズンともそうですが、とにかく負けない投手として知られるだけに、長身から放たれる最速155キロのストレートやスライダー、ナックルカーブらの変化球をいかに打ち崩していくかがポイントです。

 

小久保裕紀監督もバンデンハークの存在を重要視していて、「いかに打ち崩せるかがカギ」と語るほど。1次ラウンドで好調だった松田宣浩らの奮起が期待されます。特に松田宣浩はバンデンハークと福岡ソフトバンクホークスで同僚なだけに、より一層の頑張りを見せてほしいところです。

 

また、投手陣をリードする小林誠司にも期待が集まります。1次ラウンドはいわゆるラッキーボーイ的な扱いでしたが、打率5割を誇る好成績。恐怖の9番打者として機能すれば、打線に勢いがつくこと間違いありません。

 

準決勝進出に向けて激戦必至となる12日のオランダ代表戦。侍ジャパンにとって負けられない一戦となるだけにオランダ代表相手にどういう試合をするのか…目が離せませんよ!

【当サイト限定】10,000円が無料でもらえるキャンペーン!!

>>ウィリアムヒルに登録する<<

関連ページ

WBC2017 侍ジャパン
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。
プロ野球2017開幕
ウィリアムヒルの登録方法から入出金までわかりやすく日本語で解説してます。日本のJリーグからプロ野球、海外プレミアリーグまで様々な賭け方を掲載してます。